2006年10月01日

大会で優勝を目指す


まず大会に出る為に最も必要なもの
【デッキ】
これがないと何もできないし。



まぁ、ツッコミはなしで。

まず第一段階としてデッキを組むとこから始まる。

■デッキを組む
遊び用に組むなら特に何も考えずともいいだろう。
ただ、大会を目指すのならただ組むだけではダメだ。

デッキを組むにあたり優先的に考えなければいけないのは環境だ。

環境を読む事によって仮想敵がわかる。
その環境に於いて、どういったデッキが流行っているのか
今ならネットがあるのでデッキ情報はいたる所に溢れている。

まぁ、よくわからなければいろいろなサイトに載っているデッキをデッキタイプ別に分けてレシピをまとめていくといいだろう。
そうすればデッキの数からどんなデッキが流行っているか。
レシピから、それぞれのデッキの大まかな構成が理解できるはずだ。

もちろんここで知らないカードがあれば調べておくこと。

デッキの統計がわかればあとは出場する大会に多いであろうデッキを予想する。
これは何度かフリーしたり大会出てれば絞れてくる。

わからなければサイトなどで調べたデッキを仮想敵とするべきだ。
数が多いようであれば上位5個くらいでもいいだろう。

下準備が出来たらデッキを組む。

デッキを組む時に考えるのは
・オリジナルデッキ
・コピーデッキ
前者は自分で0から組み上げる。
既存のデッキであろうと今までにないデッキでも。
後者は環境に於いて最も結果を残しているデッキや好みでもいい。
それをそのまま組む。
ただし、コピーデッキを組んでそのまま大会に出ても勝てるわけではない。

オリジナルでもコピーでも大切なのが調整だ。

仮想敵としてあげたデッキと実際に回すのがいいだろう。
それだけの数のデッキを組むには金銭的にも辛いので紙に書いて代理カードとして組むといいだろう。

そうして調整を繰り返すと変える部分が自ずと見えてくるだろう。
ある程度まで練ったら次はサイドを組む。

■サイドを組む
メイン同様にサイドは大切だ。
サイドを怠る事は勝率にも関わってくる。
サイドを組むにもいくつか手法がある。

とりあえず前編はここまで。
posted by ZERO at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24733320

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。