2007年01月24日

三国志大戦デッキ講座その2《八卦》

はい。ほぼ反応のないこの講座。
もう終焉を向かえそうです(笑)
とりあえず第二回はまたショクの八卦です。

SR諸葛亮
SR超雲
UC張飛
R姜維

・使い方
このデッキの最大の特徴は八卦の陣法の二度掛けです。
通常、号令などは一度かけたらその効果が切れるまで使えません。
しかし八卦は諸葛亮自体が効果範囲に入らない為二度掛けが可能です。
また、八卦は一人掛け、二人掛け、三人掛け、四人以上掛けと幅広いのも特徴です。
一人掛けの場合、武力と移動速度が上がり二人掛けの場合武力が上がり相手の計略の効果を受けなくなり、三人掛けの場合武力が上がり兵力が徐々に回復、四人掛けの場合は兵力を回復させます。

通常は士気12まで貯めてからの
二人掛け→三人掛けで勝負を決めます。
相手によって選択できるのでとても汎用性が高い計略です。
また、周りを固める武将も強力で大車輪、挑発、神速と個々のカードパワーが高いです。

弱点という弱点が見当たらない程強いデッキです。
四枚構成という事で操作自体もあまり難しくないのでフィールド全体を見る事が大切です。

攻め方としては士気が貯まるまであまり深追いをしない事です。
ただ、相手次第では開幕から落とす事も可能です。

相手にダメ計がいる場合は自城付近で二度掛けしてから攻めましょう。
伏兵がいる時は超雲で伏兵探しをするように。
間違っても張飛を前に出してはいけません。
騎兵中心の相手の場合は挑発、大車輪が光ります。

素の武力が高い為乱戦に持っていってもよいでしょう。
基本、諸葛亮は後ろから援護の形をとるようにして城門には張飛を配置し相手が城内にいる場合などはやや後方で姜維の挑発を狙いましょう。
姜維は募兵もついてるのでこのポジションは相手にとって最悪ですね
張飛単体でも城門大車輪で牽制できます。

槍撃、突撃をちゃんと使えるようになればさらに強くなります。

・対処法
対処法らしい対処法が見当たりません(笑)しいて言うなら部隊差で相手の部隊を分断させる事です。
こちらが攻めれば確実に守りにはいらざるを得ません。
また、士気を12まで貯められるともはや対処は厳しいのでその前に攻めて号令で潰すようにする事ですが…厳しいですね(苦笑)
posted by ZERO at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。